プロフェッショナルな安全性/PMSになるためにCOLUMN

安全性情報の仕事について

安全性情報の仕事は開発から、承認、市販にわたり一貫して患者の安全性を確保するために必要なとても重要な仕事です。パーシブ、CIOMSなどを使用して国内外の副作用の情報を入力するなど、語学力と正確性、速さが求められる仕事になります。国や医療機関に情報を正しく伝える重要性が専門性の高い業務には求められるのです。

製品の安全性をもとに最善の市販後の安全対策を講じることもスピーディーに対応しなくてはなりません。
また国内はもとより海外の情報もしっかりとりいれ、副作用情報があるかないかなど、判断することも必要になります。市販後の安全性を確保するためには、様々な部門や海外とも協力して対策を講じなければなりません。そのときに誤解されない語学力も重要になります。

また最近ではリスクマネジメントプランを策定した経験のある人も求められてきます。上市された市販薬の安全性を監視する計画や、様々なリスクをマネジメントするプランを策定します。

当局へ安全性の定期報告もしなければなりません。そのためには収集された様々な安全管理の情報を検討する必要もあります。

安全性情報には、治験段階のものと市販後のものとあります。それぞれ安全確保の措置などの観点からも適性に対応できるような対策が必要です。

未経験でも、安全性情報に携わりたい場合、
  • 大卒以上の理系出身者
  • モニター経験者
  • 薬剤師
  • 臨床検査技師
  • 正看護師
  • CRC経験者
  • 臨床開発に携わっていた方
は、チャレンジできますので、ぜひ、ご興味のある方は、ご応募してください。
製薬会社の安全性情報、市販後調査などの求人は、こちらまで

安全性/PMS
転職サービスエントリー

安全性/PMS
転職サービスとは?

当サービスは安全性/PMS担当者への転職・就職を希望される方全般を対象にしたサービスです。
キャリアアップ、プロフェッショナルを志す方へ、参考になる実用的なコンテンツと、求人情報を提供して参ります。


  1. 有料職業紹介事業
  2. 人材育成コンサルティング事業
  3. 厚生労働大臣
  4. 許可番号 13-ユ-302907
  5. 県知事認可法人 許可番号
このページの先頭へ